ソロクトの原告の声

 ? 基鎭(チャン・キジン)さん 男性・84歳

 皆様のお蔭様で(補償法が)成立したのだと思います。感謝の気持ちでいっぱいです。日本の弁護団の皆様の努力で良い結果に結びついたので嬉しいです。また日本で支援してくださった皆様にも感謝します。皆様の支援なしにはこのように速やかに解決できなかっただろうと思います。死ぬ前にいい知らせを受けることができて嬉しいです。なるべく迅速にことが運べて死ぬ前に補償金の支給を受けることができれば、これ以上願うことはありません。今まで支援してくださった皆様への感謝の気持ちは言葉では言い尽くせません。ありがとうございました。

 

 李 幸心(イ・ヘンシム)さん 女性・75歳

(補償法の成立のことを聞いて)嬉しいです。毎朝、補償をしてもらえるように神様にお祈りしていました。ありがとうございます。皆様のご苦労が実を結んでこのような成果を勝ち取れたと思います。感謝しています。日本で支援してくださった皆様と日本国民に神様の祝福がありますように、またご健康をお祈りします。

 

 崔 贊秀(チェ・チャンス)さん 男性・78歳

補償法の成立の知らせを聞いてすごく嬉しいです。今まで弁護団の皆様と支援してくださった皆様のご苦労のお蔭様で、このような法律ができたのだと思います。本当にありがたいことですし、感謝しています。日本時代の惨めな生活と苦労のことを考えると満足したとまでは言えませんが、やっと補償をしてもらえることになったので嬉しく思います。ただ皆日本時代の苦労のせいで、その後遺症に苦しんでいますし、高齢であるために一日でも早く、死ぬ前に補償金をもらえるようにしていただきたいのです。補償のこと本当に心から感謝しています。

 

 姜 禹?(カン・ウソク)さん 男性・80歳

本当に感謝します。後は高齢である皆のために迅速に補償金の支払いが行われることを祈っています。このように早く成立するとは思ってもいなかったのですが、日本で支援してくださった皆様と国会議員の皆様が助けてくださったお蔭様だと思います。ご苦労に感謝しています。ありがとうございます。なるべく早い補償金の支給をお願いします。

台湾楽生院の原告の声

 

石獅 さん(82) 男性

 悪い言い方で言えば、改正案の成立によって日本政府に意趣返しできたことになると思います。良く言うと、これをもって我々の正義が取り戻されることだと思います。とてもうれしいです。 こころがすっきりしています。弁護団の聞き取りを受けて、マスコミにもよく出ていきましたが、やはりこころの何処かで引け目を感じ、病気のことを広く知られたら恥ずかしいと思って、病気のことをいい加減に、適当に言ってきました。しかし、訴訟の経過に伴って、自分は病気になっただけで、何一つ悪い事をしていなかったことを悟り、いまは病気のこと言っても平気です。堂々と人と普通に接することがやっと出来るようになりました。

 

桂英さん (73) 女性

 八歳で入所して以来、家族に見放されたり、人から差別を受けたりなどいろんな辛い思いを経験してきました。 これで蒙って来た屈辱を晴らすことになります。 非常にうれしいです。

 

江河さん (78) 男性

 とてもうれしいです。強制隔離がなければ、いま私は家族と一緒にお正月を迎えているでしょう。 長い間、冤罪のような屈辱を受けてきました。 改正案の成立によって今まで受けてきた辛いことが報われます。正義が取り戻されると思います。弁護団に心から感謝します。

 

金井さん (74) 女性

 当時は日本人として強制隔離されたので、日本人と平等に補償されることがうれしいです。少し報われる気分です。しかし、社会の目はやはり気にしています。

>>>「今日のお知らせ」 へ
>>>弁護団のダイアリー へ
>>>資料室 へ