声 明 文
 世界のハンセン病患者・快復者とともに活動している私たちIDEAジャパン(共生・尊厳・経済自立をめざす国際ネットワーク)は、韓国ソロクト更正園と台湾楽生院を訪問し、原告の皆さんの証言を聞いて、言葉では言い表せないほどの衝撃を受けました。両療養所は、日本の植民地政策の下、勅令によって設立され、日本の「癩予防法」によって運営された療養所です。ここに終生隔離された人々は激しい労働を強制され、抵抗した人は焼きごてで烙印を押され、監禁室に収監されました。さらに懲罰のために断種されるなど耐え難い体罰を受け、視力や手足を失いました。彼らの訴えは、日本の入所者たちよりもさらに苛酷な被害を受けたことを明白に実証しています。
 10月25日、東京地裁は、台湾の原告は勝訴、韓国の原告は敗訴という判決を下しました。IDEAジャパンは両裁判の原告を支援し、日本政府に以下の要求をします。
 2001年、熊本判決を受けて立法化されたハンセン病補償法は、国の行った絶対隔離政策のすべての被害者に対し、国籍、入所期間、居住地の制限を設けず、慰謝し、救済する目的で制定されました。植民地であった韓国、台湾において、ハンセン病史上、比類のない国家的犯罪を犯した日本は、贖罪の意味から、この立法理念を遵守し、ただちに韓国ソロクト更正園、台湾楽生院の原告に対し、謝罪し、日本人被害者と同等の補償を実施すべきです。さらに、台湾判決については控訴せず確定させること、韓国判決については、一刻も早く厚労省告示を改正して、原告に補償すべきです。
 この要請を受け入れることによって、近代日本の犯した汚名を少しでも返上し、世界に向けて、日本が民主国家としての威信を回復できるのです。いまこそ、その絶好のチャンスです。IDEAジャパンは、世界のIDEA会員とともに、以上の要請をいたします。

                    2005年11月4日

             非営利特定活動法人 IDEAジャパン
   (ハンセン病患者・快復者の共生・尊厳・経済自立をめざす国際ネットワーク?                             理事長 森元美代治
                             事務局長 水藤一彦

記事リンクにもどる


              声 明

 世界中のハンセン病患者・元患者は、これまで社会から排除され、隔絶され,多くの国で囚人のように取り扱われていました。しかし今や、事態は変化したのです。病気は治るようになり、偏見の入り込む余地はもうありません。
 韓国と台湾のハンセン病を病んだ人々を蔑視してきた日本政府は、過去に犯した犯罪行為を悔やむべきですし、彼らに申し訳なかったと伝えるべきです。つまり金銭だけが、社会から受けた傷を癒せるということではありません。
 これがIDEAインドの考え方です。私たちIDEAインドは、以上の理由により、韓国と台湾の原告を支援しているIDEAジャパンに共鳴し、支援します。


  IDEAインド代表  Dr.PKゴパール

 2005年10月25日、台湾の原告が勝訴し、韓国の原告が敗訴したという東京地裁の判決を、私はIDEA会員の一人として、関心を持って聞きました。
 かつて、世界中で、ハンセン病患者は拒絶され、蔑視されていました。日本政府も同様でした。そのとき、どこの国で患者を拒絶し、拒絶しなかったなどということはありませんでした。ですから、当然、補償を行うに際しても、差別があってはならないのです。
 物事は政治的にではなく、人道的に取り扱われるべきです。ひどい差別を受けてきた人々に、ようやく補償する段階になって、また、差別などあって良いものでしょうか。
 社会から完全に拒絶されてきた日本のハンセン病元患者に対し、日本政府が補償し、謝罪したことは賞賛されるべきことです。それは全く正しいことでした。
 私は、韓国のハンセン病元患者の人々を、同じように大きな誤った社会認識のもとで扱ってきたことを日本政府が認め、その名誉にかけて信頼を回復するまで、決して希望を捨てないつもりです。
IDEA会員として私は、韓国の原告も平等に補償されるよう要請するとともに、IDEAジャパンと一緒に支援し続けます。


IDEA USA会員 パメラ・パラピアノ

 資料集目次へ
 記事リンク
 今日のお知らせ
 ダイアリー
 トップページ