断種装置とされる器具
ハンセン病患者の子孫を残させない政策(絶滅政策)を貫徹するために、男性の院生
は、日本国内の他の療養所と同じく、結婚の条件として断種手術が強制された。また、ソ
ロクトでは、秩序を乱した院生に対する懲罰としての断種も行なわれており、木を切っ
たというだけで断種手術を受けさせられた院生もいた。系譜を大切にする韓国社会で
は子孫を残せなくなるということは、我が国以上に、深刻なことであった。また、妊娠し
た女性の院生は、堕胎を強制された。